NEW

トップページ | 目次 | 著者のページ | ご意見・ご感想はこちら

item8 item9 item4a item11 item12 item13 item10
第 一 部

 

彭 城 潰 乱

 

 

 韓信は出撃を前にして、精鋭を周囲に置き、これを常に自らの周囲に配置することにした。親衛隊のようなものである。

 それは大軍となった漢と諸国の連合軍の中で指令系統が乱れ、軍の収拾がつかなくなったときのための最後の切り札であり、つまりはこの諸国間連合の行く末が楽観できない気持ちのあらわれであった。

 

 しかしそんな韓信の思いをよそに、漢を始めとする連合軍は、はやる気持ちを抑えもせずに西楚の首都、彭城へなだれ込んだ。

 

 総勢五十六万の蹂躙。

 車馬の列が奏でる大地が裂けるほどの轟音。

 あらゆるものをも焼き付くすかのような大火。

 そして、敵味方を問わず浴びせられる狼藉。

 

 もはやその姿はひとつの目的にしたがって行動する軍隊などではなく、五十六万の意思がとりとめもなく散乱するただの混沌でしかなかった。

item2

 たとえば城内に財宝が発見されると、早い者勝ちで兵たちはそれを奪おうとする。宝の奪い合いが殺し合いに発展し、その結果勝利を得た者が財宝を手中にした。しかしやがて上官が現れるとその兵は斬り殺され、財宝は上官のものになるのだった。

 

 尽きることのない悪意の数々。

 

 将兵たちは楚兵の首を囲んで酒宴を開き、女を見つけるや老若を問わず見境なしに犯す。

 あらゆる財宝は奪われ、食料は山分けされた。

 韓信は目を背けたくなった。

 

――軍のたがが外れてしまった。もはや私に統御できる段階ではない……。彼らには義も不義も関係なく、欲を満たせればそれでいいのだ。本来彼らには戦うための理念というものがなく、楚が弱まれば漢に味方し、漢が弱まれば楚に味方する。うまい汁を吸える方になびくだけなのだ。

 

 何もかも放り出して、逃げ出したくなった。

 しかし当然のことながら大将としての立場がそれを許さない。

 

「……諸君、よく見ておくのだ。これが人間の本性というものだ。欲望に身を委ね、思いのままに行動しているうちは、人々は自らの身の危険を考えない。愚かなことだ……。彼らは今、項王の存在を失念してしまっているのだ」

 

 韓信は直属の親衛隊に向かってそう話し、予期される項羽の反転に関して注意を喚起した。

 嘆く気持ちを抑えつつ、韓信は項羽の帰還経路を推測し、それに備えるよう努力したが、徹底しないこと甚だしい。もはや軍規の緩みは諸国連合の核ともいうべき漢軍にも及んでいた。

 

――漢王も漢王だ。あの方こそしっかりしておれば、こんな事態にはならなかったものを……。張子房どのも、いったいどこで何をしている?

 

 このときいちばん勝利に浮かれていたのは漢王劉邦その人だったかもしれない。

 

 劉邦は酒宴を開く兵たちに混じって、自らも酒を飲み、唄い、騒いでいた。もともと家業も手伝わず、遊びほうけていた平民時代の姿がそこにあった。

 

 張良はそんな劉邦の姿を見るのに嫌気がさしたのか、ひとり廃屋にこもり静かに過ごしていた。

 

 張良は元来多病で、すぐ風邪をひいては寝込むたちであったが、このときも遠征の疲れが出た、と言って軍中に姿を現すことがなかった。実際は乱れた軍組織の中に自分がいることを恥ずかしく感じたのであろう。

 

――いったい勝利とは、なんだ。

 韓信はさじを投げたくなった。

 

 しかし我慢強く、耐え忍べばそのうち項羽がやってくるだろう。

 そのときこそ自分が軍を掌握する唯一の機会だ、と考えざるを得なかった。

 

 敵の項羽の反転来襲を期待するとは、韓信にとって甚だ不本意ではあるが仕方のないことであっただろう。

 

 

 いっぽう首都の危急を知った項羽は、斉との戦いをひとまず部下に任せ、自ら精兵三万のみを率い、彭城に取って返した。

 

 五十六万対三万の戦いである。項羽の自信は筆舌に尽くしがたい。

 

 四月のある日の明け方、彭城の西、簫(しょう)の地に項羽率いる楚軍は出現した。まともな守備態勢などとっていなかった諸国の連合軍をあっという間に壊滅させ、昼前に項羽は彭城に達した。

 

 恐慌をきたした連合軍は、一斉に南にむかって逃げ出した。

 

 大潰乱である。

 

 逃げる漢軍は、穀水(こくすい)・泗水(しすい)のふたつの川で行く手を阻まれると、十万人以上の犠牲者を出した。残りの兵たちはさらに南の山中に逃れたが、楚軍の追撃はなお止まない。

 

 凄まじいのは追撃する楚軍の先頭に項羽自身が立っていることであった。

 

「項王だ! 助けてくれ」

「項王に殺される」

 

 助けてくれと言っても助ける者などいない。

 

 山を越えて睢水(すいすい)まで追い込まれた漢軍の士卒は、追い込まれてみな川岸から落下し、さらに十万人以上が川底に沈んだ。このため、睢水はその流れが一時的に止まったという。

 

 劉邦も逃げた。

 その途中で楚軍に三重に取り囲まれ、もはやこれまでか、と思った矢先、気候が急に乱れ、西北から大風が起こったという。

 その大風を受けて楚軍の追撃が一瞬弱まった間隙を突いて、劉邦は脱出に成功した。

 

 しかし、その周囲には数十騎の騎兵が残されているだけだった。

 

 なおも楚軍の追撃は続く。劉邦は御者に向かって怒鳴り散らした。

「もっと早く走れぬのか。項羽めに追いつかれてしまうぞ」

 

 御者は夏侯嬰である。

 これ以上急げと言われても彼にはどうすることもできない。そもそも怒鳴る劉邦自身、揺れる車のうえで何度も転倒しているさまなのである。

「大王、身を低く! 矢で射られてしまいます」

 

 この時代の戦車は四頭立ての馬が引き、御者は立ってそれを操る。

 さらに乗員も立ったままの姿勢でいることが普通で、椅子らしきものはない。

 また劉邦が乗る戦車には参乗の樊噲が陪乗して護衛をすることが常であったが、このとき劉邦は樊噲とはぐれ、戦車には劉邦しか乗っていなかった。

 

 楚軍との距離が縮まり、劉邦の身に矢が届き始めた。夏侯嬰は、それを防ぐことができない。ひたすら四頭の馬を走らせることしかできなかった。

――このまま、討ち取られるのか。ここで終わりなのか?

 

 夏侯嬰の頭の中に絶望がよぎったとき、前方に軍旗が見えた。

 

――味方だ!

 

 前方に見える兵の数は、決して多くない。

 それでも劉邦の進路を開ける動きには、きびきびとした規律が見られた。

 先頭に立つ将は、長剣を抜き、それを杖がわりにして立っている。

「……韓信!」

 

 夏侯嬰は助かった、と言わんばかりに叫んだ。

 劉邦はそれを聞き、手を叩いて喜んだ。

「信め! 先回りして退路を確保しているとは! やはり無双の国士よ!」

 

 劉邦の姿を見て剣を収めた韓信は、すれ違いざまに劉邦に言い放った。

「大王! 滎陽へ! 滎陽で再起を図りましょう! 

item4
ここはお任せを!」

 

 夏侯嬰は叫んだ。

「韓信、項王だ! 頼んだぞ!」

 

 劉邦も叫んだ。

「信、きっと死ぬな! 生きて滎陽で会おうぞ!」

 

 そして劉邦の戦車は砂塵を残し、通過していった。

item16 item16c item16d item17a item18

トップページ | 目次 | 著者のページ | ご意見・ご感想はこちら