NEW

トップページ | 目次 | 著者のページ | ご意見・ご感想はこちら

item8 item9 item4a item11 item12 item13 item10
第 一 部

 

章 邯 を 討 て !

 

 

「死ぬとは思っていませんでした。どうしてああも簡単に自害することができるのか、不思議でなりません」

 

 韓信は蕭何に胸の内を明かした。これに対して蕭何は次のように答えた。

「死ななければ、お前に殺されると思ったのだろう。それだけの話だ。……ところで、かの者が刺客であるという確証をお前はどうやって得たのか?」

 

 韓信は苦笑いして答えた。どこか、自嘲的な笑いである。

「確証という確証は何も……。かの者が范増老人の麾下にいたことは事実です。それにほかの兵たちの中には、かの者がどこの部隊で誰の配下に属すのかを知る者が誰もおりませんでした。怪しいと思ったので、あの場で問いつめればなにか白状する、と思ったのですが……死ぬとは思いませんでした」

 

「お前の勘が正しかった、ということだろう。素晴らしいことだ」

 蕭何は賞賛したが、韓信は素直に喜べない。

 

「よしんば、かの者が真の刺客だったとしても、私はあの場で漢に帰順させるつもりでいました。だいたい想像はつくのです。かの者が范増老人に家族を人質に取られて、意に添わぬ命令をされた、ということは……。范増とはそういう人です」

 

 蕭何は穏やかな笑みを浮かべ、失意の韓信をなだめるように言った。

「それはもう今となっては誰にもわからん。とにかく、見事な働きぶりだった」

 

 韓信は桟道を焼くことによって、兵の逃亡をとめ、軍糧の流出を阻止し、刺客を始末することによって、離れかけた兵たちの心を繋ぎ止めることに成功した。

 そして、桟道の焼失が将来の戦略的意味を持つのはこれからである。

 

――あるいはこの男なら、やれるのではないか。

 蕭何は韓信を評してそう思い、劉邦に推挙しようと考えた。

 思慮の深さ、味方を欺くかのような突飛な戦略、そして不思議な勘の鋭さ……。どれも素晴らしいものではあったが、能力うんぬんより蕭何は韓信を気に入った、と言ったほうがいい。賞賛されるべき功績を上げておきながら、本人は反省ばかりしている。この時代に闊歩する、武勇を鼻にかけてばかりいる豪傑どもに見せてやりたい態度であった。

 

 そう思った蕭何は漢軍一行が南鄭についに到着したのを機に、劉邦に韓信を推挙した。

 

 しかし良い結果は出なかった。それは劉邦自身が都落ちに気落ちしていて、新しいことを始める気力がなく、新たな人事を執り行う必要性も感じなかったことによる。

「落ちぶれた軍に、必要なのは安息の地のみよ。わしはこの先巴蜀で寝て暮らすぞ」

とうそぶいた劉邦は、蕭何が来ても面倒くさがって、ろくに相手もしなかった。

 

 これを知った韓信はひそかに軍を離れた。

 南鄭に至れば東の諸国と往来が可能になることをいいことに、兵の逃亡を抑えるべき自分自身が逃亡したのである。

 

 

 

 軍の首脳部に激震が走ったのはちょうどこのときである。

 韓信が逃亡したから、ではない。

 

 使者の知らせに漢王劉邦は卒倒しそうになった。

「蕭何が逃げた、だと!」

 劉邦は深く嘆き悲しんだかと思うと、次の瞬間には怒気を発し、そうかと思えば自嘲的に笑ったりした。事の重大さに、情緒不安定になってしまったのである。

 それを周囲の者がたしなめようとすると、劉邦はその者たちを激しく、口汚く罵

 

「お前らのような役立たずが何人いなくなってもいっこうに構わん。この中に蕭何の替わりになるような奴が居るはずもない。まったく、どいつもこいつも能無しばかりだ」

 ついにはおいおいと泣き出した。

 

 このようなとき頼りになる張良は間が悪く韓に戻っており、この場には居ない。

 周囲の者はおろおろするばかりで、劉邦を落ち着かせることができず、仕方なく彼らなりの結論を出した。

「どうしようもない……しばらく、放っておけ。それしかなかろう」

 

 劉邦はひとり残され、しばらく泣いたり、喚いたりしていた。周囲の者はそれを遠巻きに眺め、

――いよいよ狂ったのではないか。

と、人ごとのように思ったのだった。

 

 しかし、漢軍に差しせまった緊張感は、あまり見られない。劉邦を見る士卒たちの目は、さながら世にも奇妙な珍獣を見るかのようで、その反応を楽しんでいるかのようでもあった。

 本当に心配しているのは劉邦ただひとりで、実は士卒たちは誰も蕭何が本当に逃げ出すなどとは思っていなかったのである。

 

 翌朝になると、それを象徴するかのように、蕭何は何喰わぬ顔で戻ってきた。

「大王、ゆうべはよく眠れましたか?」

 

 漢王は憔悴しきっていて、それが誰の声か瞬時に判別できなかった。

「あ? いや、あまり眠れんかったわい。……誰だ? 蕭何ではないか! 戻ってきたのか! いや、よく戻った」

 

 劉邦は蕭何の肩を抱き、喜び叫んだが、そのいっぽう、

「お前、わしを置いて逃げようとしたな! よくもおめおめと戻ってきたものよ。断罪する! 死刑だ!」

と怒ったりした。

 

 劉邦の情緒不安定は、蕭何が戻ってきても完全に治ったようではなかった。蕭何はそれを他の士卒のように放っておくわけにもいかず、適当になだめながら真相を語り始めた。

「大王、私は逃げたわけではありません。逃げた者を追った、それだけのことです」

 

 劉邦は、そうか、と言うと、ようやく気分が落ち着いてきたようであった。

「では、誰を追ったのか?」

「韓信です」

 

 劉邦はそれを聞き、いよいよ怪しんだ。

「蕭何、お前、わしに嘘をついているな。今まで諸将が何人も逃亡しているのに、お前は追わなかった。それなのに、その韓信とかいう、わしが覚えてもいないような者を追うはずがない。お前はなにかわしに隠し事があって、そのためにそんなでたらめを言っておるのだ」

 

 蕭何は劉邦の態度にあきれた。

 何度か名前を出して推挙しているのに、劉邦は韓信のことを覚えてさえもいない。気力が薄れ、心ここにあらず、ということだったのだろう。それはそれで理解できることではあった。

「大王……。諸将など何人逃亡しても、替わりの者はいくらでも養成することができます。しかし韓信などは……国士無双(こくしむそう・天下に二人といない国士)の存在です。替わりはいません。王がこのまま漢中の王たるに留まるのであれば、韓信のごとき士は必要ないでしょう。ですが王が天下を望まれるなら、彼は絶対必要です。韓信という男の必要性は、王が天下を望むか、望まざるか、それにかかっているのです」

 

 劉邦はまだ迷っていた。ろくに名前も覚えてもいない男に大事を任せてよいものかどうか、日頃無責任に部下に任せきりのこの男でも心配したのである。

 

「用いれば韓信は留まります。しかし用いなければ、彼はまた逃げ出して、楚や斉のものになってしまうに違いありません。大王には、それでもよろしいか」

 畳み掛けるように言葉を継ぐ蕭何に、ついに劉邦は折れた。

 

「……お前がそこまで見込んだ人物であれば、お前に免じて韓信を将軍にしてやろう」

 ところが蕭何は首を縦に振らなかった。

「不十分です。それでは韓信は留まりますまい」

 

 驚いた漢王は、やけくそになって言った。

「では、大将にしよう。大将軍だ!」

 

 蕭何はこれに満足し、言った。

「結構です」

 

「そうと決まれば、さっそく任命しよう。韓信をこれに召せ。印綬を用意せよ。それと……」

 漢王は久しぶりに王らしい振る舞いを見せたが、蕭何はこれを遮った。

「大王。それではいけません。大王はもともと傲慢で礼もわきまえませぬ……。私どもにはそれでも構いませんが、韓信は頭の良い男でありますゆえ、自尊心も高いのです。王がそのように子供に物をくれるような態度で臨まれるのであれば、韓信は失望してやはり去ってしまいましょう」

「なにを言うか。名より実であろう。儀礼などくそくらえ。どのみち大将を任じることには変わりないのだ」

「さもありましょうが、韓信は野蛮を嫌う傾向があります。どうか文化的に、吉日を選んで王ご自身が斎戒なさって、壇上を設け、礼儀を尽くしたものとしてください。そうした方がのちのち漢軍の評判のためにもよろしいでしょう」

「くだらん……しかし、そういうものか」

 

 劉邦は蕭何の評の通り、傲慢で、礼もあまりわきまえない男であるが、頑固ではない。このときも蕭何の意見をあっさりと受け入れ、斎戒して充分に儀礼を尽くして、任命の日を選んだ。

 

 南鄭に着いた漢軍の最初の儀礼が、大将の任命式だった。

 諸将はみなそれぞれ自分が任命されるものと期待し、うきうきとした空気が全軍に流れている。

 

 しかし実際に任命式が執り行われると、拝命したのは韓信という名も知られていない、顎髭もたくわえていないような若者であったので、軍中の誰もが驚愕したという。

 

 

 漢中に至る桟道は、漢軍によって焼き払われた。

 これにはさまざまな経緯があったが、ふたたび劉邦が東方へ進出する意志のないことを示していることは間違いないと項羽には思われた。劉邦が僻地におとなしくおさまっていれば、何ごとも進めやすい。

 

 自らの居城と定めた彭城に移った項羽は、邪魔な義帝を体のいい理由をつけて追い出すことに成功した。

地図県

「いにしえの帝王は必ず川の上流に居を定めたものである」

と言い、長沙(ちょうさ)郡の郴(ちん)県に義帝を移した。

 

 長沙郡といえば、はるか南の地で、なかでも郴県は南に位置している。おそらくは百越などの南方系民族が雑居していた地域に違いない。

 当時は蛮族がいるとされる地であった。

 それでも義帝はその命に従い、おとなしく郴県に向かおうとしたが、項羽は安心できず、ひそかに黥布に命じてこれを襲撃せしめた。

 

 義帝の一団が揚子江にたどり着いたところで襲撃者たちはこれに追いつき、帝は亡き者にされた。

 これにより帝政は早くも崩れ去り、項羽は名実ともに諸国の第一人者となったのである。

 

 いっぽう、このときめでたく大将の任を預かった韓信はようやく、漢王劉邦と直接話す機会を得ている。

 この席で劉邦は、食事をとりながら韓信の話を聞いていたが、気前よく韓信に自分の豪勢な食事を分け与えたという。それは見た目も味も、韓信には初めてのものばかりだった。

 

 韓信はこのとき、項羽を評して、

「勇者であることには間違いがないが、部下を信用して任せる勇気がありません。あれは言うなれば、匹夫の勇です」

といい、また、

「項王は身内には仁をもって接しますが、功ある者に爵位を与える際には、印綬の角がすり減るほど手の中でもてあそび、躊躇します。他人に権力を与えるのに吝嗇(りんしょく)で、ああいうのを婦人の仁といいます」

と切りすてた。劉邦はこれにいたく喜んだという。

 

 低劣な陰口のように聞こえるが、そばで見てきた韓信が得た項羽の印象はそういうものだったのだろう。

 

「項王は諸侯を王に取り立てましたが、その配置には私情をはさみすぎです。また諸侯の中には、項王が義帝を江南に追放したのを見て、それを形だけ真似しようとする輩も多いようです。燕や趙、斉はいまに大混乱が起きましょう。すべて項王の政策の誤りに拠るものです」

 

「また、項王は必要以上に都市を破壊しすぎました。項王の通ったあとは、瓦礫の山しか残っていない、というありさまです。諸侯はこれを見て恐れ、ひれ伏すでしょうが、民衆はなつくはずがありません。項王は覇者として名を轟かせていても、実際は人心を失っているのです。したがって、その強さを弱くしてやるのはたやすいことだ、と私は考えます」

 

「大王は、項王のやりかたの逆を行えばよいのです。天下の勇士をお使いになり、彼らにお任せになられませ。そうすれば敵対するものは誰であろうと叩き潰せましょう。そして天下の城邑を手柄を立てた者に惜しみなく分け与えられませ。そうすれば誰だって心服いたしましょう」

 

「大王はすでに秦の苛酷な法を廃止し、三か条の法だけを取り決めになりました。これにより民衆は大王が関中の王になることを欲しております。また諸侯や義帝との約束事から申しましても、大王が関中王になられるはずだったことは、秦の人民もよく存じております。大王は軍をあげるだけでよろしい。さすれば関中の地は、檄文をとばすだけでも平定できましょう」

 

 関中反転に関して劉邦は檄文をとばすだけ、あとは自分がやる。このあと韓信は計画を劉邦に明かした。

 

 韓信の計画のあらましを聞き終えた劉邦は、韓信を得ることが遅すぎた、と周囲の者に語ったという。

item16 item16c item16d item17a item18

トップページ | 目次 | 著者のページ | ご意見・ご感想はこちら